【アルテグラC50】シマノのカーボンホイールULTEGRAをインプレ!

こんにちは!

今回はシマノ渾身のカーボンホイル「WH-R8170-C50-TL」アルテグラのC50をご紹介します!

「ロードバイクに乗り始めて、そろそろアルミホイールからカーボングホイールにしたい…」

「すでにカーボンホイールだけど、シマノのホイールってどうなの?」

そんな人に、今回は完成車によく使われている「フルクラム・レーシング4」との比較を織り交ぜながら、アルテグラのインプレをしていきます!

イチマー

初めてのカーボンホイールにアルテグラ!
価格破壊の高スペックカーボンホイールを徹底紹介します!

この記事の内容
  • アルテグラC50のスペック
  • アルテグラC50の外観
  • アルテグラC50のラチェット音
  • 実際に走ってみた印象(平坦・登坂)
  • 取り扱いの注意点
目次

アルテグラC50の紹介

今回購入したのはシマノのカーボンホイール「アルテグラC50」

正式には「WH-R8170-C50-TL」

チューブレス、クリンチャー対応のカーボンホイールとなっています。

イチマー

今回はクリンチャーで使用します!

スペック

アルテグラホイールのスペックです。

基本設計は、同時に発表されたデュラエースと同じで素材が異なるとのこと。

C36・Ⅽ60とは、リムハイトの違いよる重量の違いのみで、リム幅やスポークは共通。価格も一緒。

デュラエースは12速専用ですが、アルテグラは11速・12速どちらのスプロケットにも対応しています。

C36C50 C60
リムハイト36㎜50㎜60㎜
平均重量(フロント/リア)657g/831g698g/872g738g/911g
平均重量(前後セット)1488g1570g1649g
リム内幅/外幅21mm/28mm21mm/28mm21mm/28mm
スポーク本数242424
価格(前/後)72,600円/84,700円72,600円/84,700円72,600円/84,700円
価格(前後セット)157,300円157,300円157,300円
C50は太字にしています

外観

外観は極めてシンプル。

近くで見ないと分からないくらい控えめな「ULTEGRA C50」のロゴ。

賛否が分かれそうですが、派手なフレームにも落ち着いたフレームにもマッチすると思います!

35㎜ハイトのレーシング4と比べても、なかなかの威圧感。

左:アルテグラ  右:レーシング4
左:アルテグラ  右:レーシング4

最近の空力トレンドなのか、若干丸みを帯びたような形状になってるのがわかります。

正面からの風だけでなく、横や斜めからの風にも強くなっているようです!

重量

気になるアルテグラC50の重量は、公表値で前が698g・後ろが872g。前後で1570gとなっています。

実際に計測してみると、

前が708.5g・後ろが883g前後合わせて1591.5gという結果

ほぼほぼスペック通り。リムハイト50㎜で1,600g切ってるなら十分に軽い!

パーツを取付けての重量

さらにタイヤ、ブレーキローターなどを取付けて完成状態で重量を計測してみる。

取付けたパーツ

前後輪共通

  • タイヤ:コンチネンタルGP5000
  • ブレーキローター:シマノRT-MT900(160㎜:現行デュラと同じ)
  • チューブ:パナレーサーRAIR(バルブ80㎜)

後輪

  • カセットスプロケット:シマノアルテグラCS-R8000(11S:11-28T)

前輪

見にくくてすみません

前輪は他のパーツ込みで1,165g

参考までに、以前履いていたフルクラム・レーシング4の完成状態の重量は1,240g

35㎜ハイトのアルミホイールでブレーキローターがアルテグラですが、結構軽いことが判明。

後輪

ローターやスプロケット装着で1,575g

前輪と同じようにレーシング4の後輪と比較

レーシング4は込みこみで1,600g。

意外といい勝負ですが、リムハイトが15㎜高くなってほぼ同じ重量ならメリット満載といった感じですかね。

装着時の外観

35㎜と比べてみてもたいぶ印象が変わりますね。

丸みがあるホイールなので、横から見ると若干シャープな印象には欠けます。

エアロ系のフレームには相性◎

実際に走ってみた印象

平坦

  • 巡航速度が上がる
  • 向かい風、横風の影響が減る

フルクラム・レーシング4と比べても3kmほど巡航速度が上昇し、速度の維持もかなり楽でした。

中でも驚いたのは、向かい風での巡行速度!強い向かい風でも、時速25km付近をキープできる!以前のホイールではこうはいかなかった!

横から突風が吹いても、車体の煽られかたがマイルドになった印象です。リムハイトが高くなっているにも関わらず、急な横風にも強くなっているのを感じました。

より平坦巡行に特化したい人やトライアスロンなどでの使用には60㎜ハイトの「C60」がオススメ!

イチマー

平坦は、レーシング4と比べると明らかに速い!
カーボンディープホイールってすごい!

登坂

  • そこそこ軽量なのでそこそこ登る
  • 緩斜面は空力の影響が大きいため速くなる
  • 激坂となると多少キツイ

スピードの出る緩斜面は空力性能が良いので速いです。

激坂ととなるとさらに軽いC36のほうがGOOD!

イチマー

緩斜面ならグイグイ登る印象!
10%超えるような坂はさすがにキツイ。C36ほしいな...

メカニコ
¥195,000 (2024/04/11 19:03時点 | 楽天市場調べ)

ラチェット音

ホイール交換でラチェット音が重要と言う方もいるでしょう。

アルテグラのラチェット音はコチラ↓

とっても静かでお上品!

爆音が好きって人にはかなり物足りないかもしれませんが、私的にはとても気に入ってます!

イチマー

爆音好きにはちょっと物足りないかな...

取り扱いの注意点

タイヤは器具を使わず、できるだけ手で取付ける

カーボンホイールは局所的な力が加わると割れてしまうことがあります。

できるだけ器具を使わず、手のみでのタイヤ取付をしましょう。

ワークマンなどで売っているハイグリップな手袋があればなんとか取り付けられます!

タイヤレバーを使うのであれば、幅広のプラスチック製のものを推奨します。

シマノプロをタイヤレバーを試しましたが大丈夫でした!

リムテープは要確認

今回はクリンチャーで使用したので影響はありませんが、チューブレスで使用する場合はリムテープを確認した方が良いと思います。

どなたかのブログでも書いてあった記憶があるのですが、若干貼り付けが甘いような気がします。

105シリーズ【WH-RS710】も登場!

そして、ついに105カーボンホイール「WH-RS710」が登場!

価格は前後セットで12万円台(定価)!C32とC46の二種類の展開でアルテグラ同様に11s/12s両方に対応しているので、今までのコンポーネントでも取り付け可能です!

クリンチャー/チューブレスに対応!

C32             C46           
リムハイト32㎜ 46㎜
平均重量(フロント/リア)    665g/839g719g/893g 
平均重量(前後セット)1504g 1612g  
リム内幅/外幅21㎜/28㎜21㎜/28㎜
スポーク数24本24本
価格(前/後)60,720円/63,250円60,720円/63,250円
価格(前後セット)123,970円123,970円

アルテグラよりもさらにお手頃にホイールのグレードアップが可能になった、105のカーボンホイールも要注目です!

イチマー

アルテグラよりも価格を抑えてあるので、迷っていた人に朗報ですね!

まとめ

今回はシマノのカーボンホイール、アルテグラC50のインプレッションをしました!

  • 外観は文句なしにカッコイイ
  • 落ち着いたデザインでどんなフレームにもOK
  • ラチェット音は静かで上品
  • 平坦巡行速度は文句なし
  • 緩斜面は速いが激坂はさすがにキツイ
  • タイヤ取付の際はなるべく器具を使わずに
  • チューブレスでの使用はリムテープを要確認

実売価格15万前後のミドルグレードのカーボンホイールとしては、かなり優秀なホイールではないでしょうか!

初めてのカーボンホイールへのステップとして、シマノのアルテグラはかなり良い選択肢になると感じました!

ぜひ迷っている方はチャレンジしてみてください!

ロードバイク関連のおすすめギアはコチラ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次